カードローンの利用条件

カードローンは誰でも利用できるわけではありません。利用に関しては、大きく3つの条件を満たす必要があります。

 

1つ目の条件は年齢です。カードローンの契約は成人していないと結べません。よって、20歳以上というのが条件の1つとなります。そして、成人していれば何歳でも良いという訳でもありません。60歳を超える辺りから、申込みを断られるカードローンが増えてきます。もしも65歳を超えているのであれば、高齢者向けのカードローンに絞って探した方が良いかもしれません。

 

2つ目の条件は安定した収入です。カードローンの契約は返済能力がなければ結べません。働いて収入を得ていなければ、申込みを断られてしまいます。ただし、カードローンの種類によっては、配偶者に安定した収入があれば申込み可能なものもあります。

 

3つ目の条件は信用情報の事故などの履歴です。現在返済の遅れが放置されている場合や、過去に悪質な延滞や債務整理の履歴がある場合、カードローンの契約は難しくなります。その人の今までの割賦契約やローン契約の履歴については、審査で必ず調べられます。審査に通らなければカードローンの利用はできません。審査では信用情報だけでなく、持ち家か借家か、雇用形態や年収、家族構成や社会保険の加入などの情報も考慮されて、結果が出ます。

 

様々な大きなポイントで審査が行われており、それぞれの基準は銀行の方が厳しいとされています。銀行で借りるにあたっての審査基準は一つの目安としてオリックス銀行カードローンの審査内容で見ておくのも悪くはありません。