借入れと返済のバランス

カードローンを利用する時には、借入と返済のバランスがとても重要です。借入を無限に行えば、返済額も膨れ上がってしまいます。例えばマイカーローンを組む時には、毎月の返済額がいくらかを気にしながら契約を結びます。カードローンでも同じです。毎月の返済額がいくらになるのかを考えておかないと、家計を圧迫してしまいます。

 

カードローンの毎月の返済額は、借入金額や限度額によって変わってきます。例えば三井住友銀行のカードローンを利用した場合、借入残高に応じて毎月の返済額が変わります。借入残高50万円以下の場合、毎月の返済額は10,000円で済みます。

 

しかし、追加融資などで借入残高が50万円を超えた場合には、毎月の返済額が15,000円に上がってしまいます。三井住友銀行のように、毎月の返済額は細かく変動はしないケースが多く、先月まで5,000円だったのが、翌月にいきなり10,000円に変わるようなタイミングがあります。

 

いざという時の備えとしてカードローンがあると安心ですが、安易に借入れを繰り返すと、毎月の返済額がいきなり増える場合があるので注意が必要です。

 

カードローンでは、無計画に借入れをし過ぎないように、利用限度額が設定されています。限度額を超得ない限りは自由に繰り返し借入れできますが、限度額を超えて借入れを希望する時には、再度増額審査を受けるなどの手続きが必要です。

 

三井住友銀行カードローンは金利自体は低いですが、毎月の返済金額が大きい点には注意が必要です。計画的に使えば何の問題もありませんので、利用をする際には三井住友銀行カードローンの借り方をよく読んでおきましょう。